【トヨタ・ヴェルファイア】と【ホンダ・オデッセイ】を比較してみた!

トヨタのヴェルファイアは2018年にマイナーチェンジし、販売が開始されました。いまや半年待ちのユーザーもいるほどの人気を誇っているといわれています。そんな人気のヴェルファイアと、どちらを購入するか迷うグレードの車はいろいろあります。今回は、ホンダの人気ミニバン、オデッセイと比較してみました。

トヨタ・ヴェルファイアvsホンダ・オデッセイとの価格比較

bernardsie / Pixabay

手始めに、トヨタのヴェルファイアとホンダのオデッセイを価格で比較してみましょう。どちらが高価なのでしょうか。お値段を詳しく見てみましょう。

【ハイブリッド】ヴェルファイアの方が最大750万円と高め

ハイブリッドで比較してみましょう。オデッセイは、ハイブリッドカーをセレクトすると、380万~420万くらいのお値段になります。一般的なミニバンと同じレベルと言えるでしょう。

一方、ヴェルファイアの価格帯は、ハイブリッドカーの場合、最も高いグレードで750万になります。ヴェルファイアはミニバンでも最高級の部類に入るため、ヴェルファイアの方がかなりお高めに価格設定されています。

【ガソリン車】ヴェルファイアの方が最大740万円と高め

ガソリンカーを選択した場合も、オデッセイよりもヴェルファイアの方が高級になります。ヴェルファイアはガソリンカーをセレクトした場合でも、もっとも高いグレードの場合は740万円程度とかなり高額です。

オデッセイの場合は、ガソリンカーの価格帯はだいたい300万円から360万前後となっており、ヴェルファイアの最も高いグレードと比較するとかなりお手頃価格と言えます。子育て世代、家のローンも抱える世代には嬉しい値段設定と言えるのではないでしょうか。

逆に、ヴェルファイアはそれだけ高級感が高い車と言えます。ラグジュアリーなイメージを大切にしたい、という方にとってはヴェルファイアの持つ高級感は重要なポイントですね。

トヨタ・ヴェルファイアvsホンダ・オデッセイとの相違点

qimono / Pixabay

トヨタのヴェルファイアとホンダのオデッセイとの違いは、価格以外にどんなものが挙げられるのでしょうか。いろいろとチェックしてみましょう。

大きさはほぼ互角だが重量はヴェルファイアが上

トヨタのヴェルファイアとホンダのオデッセイのボディを比較してみました。大きさはほとんど同じですが、車の重さはヴェルファイアの方が上になっています。これは外見からではわからない差のひとつですね。

出力ではヴェルファイアの方がやや上

出力を比較してみると、オデッセイよりもヴェルファイアの方が若干上となります。車の出力はトルク、つまりエンジンの回転力に大きくかかわってくるため、加速性能や最高速度などに影響が出てきます。ヴェルファイアの方が、そういった能力がやや高いということですね。

グレード数は6対17と圧倒的にヴェルファイアが上

グレード数を比較すると、オデッセイが6に対してヴェルファイアは17と圧倒的にヴェルファイアが上になります。それだけ選択の余地が出るということになりますが、いざ「ヴェルファイアを買おう」と思っても、そこから先でまた悩んでしまうということになりますね。

価格帯はもちろん、ハイブリッドを選ぶかガソリンカーを選ぶか、4駆にするか2WDにするか、オプションはどうするか、エアロを選ぶか……など、無数に選択肢が広がります。逆に取り合わせの妙を楽しめる、というメリットもあります。

【オデッセイ】超低床プラットフォームで高さの割に室内が広い

オデッセイは、超低床プラットフォームが特徴です。外から見ると床は高いのですが、乗ってみると低床になっており、高さのわりに室内が広くなっています。その点で「試乗してみてその広さが気に入った」という方も多い車ですね。

トヨタ・ヴェルファイアvsホンダ・オデッセイとの人気比較

igorovsyannykov / Pixabay

トヨタのヴェルファイアとホンダのオデッセイの人気を比較してみましょう。価格や特徴は比較してみましたが、ユーザーの人気はどちらが高いのでしょうか。気になりますよね。

【ヴェルファイア】2018年販売台数5,500弱で勝ち!

ヴェルファイアは2018年販売台数が5500台弱となりました。2017年末にマイナーチェンジが発表され、2018年早々に発売され、大きな話題となったことは記憶に新しいですね。それも大きな影響となっているとは思われますが、多くのユーザーに購入されました。

ヴェルファイアと兄弟車のアルファードは2018年にマイナーチェンジを迎えた後、2020年にモデルチェンジを控えているといわれています。カスタムベースカーとしても人気があるだけに、今後も売り上げは伸びそうです。

【オデッセイ】2018年販売台数2,600弱で倍以上少ない

オデッセイは2018年の販売台数は2600弱ということで、半分以下の台数となりました。今はミニバンの戦国時代。多くの自動車メーカーでファミリー向けのミニバンが販売され、大変人気を集めています。さらに若者の車離れも顕著と言われています。そんな中で2600台弱売り上げたということは、決して少ないとは言えないかもしれません。

総合的にヴェルファイアの方が人気は高め

総合的に、ヴェルファイアの方が人気は高めと言えるでしょう。特にマイナーチェンジがあった2018年は、ヴェルファイアに注目が集まった年と言えるのではないでしょうか。秋にはモデルは変更しませんでしたが、オプションにマイナーチェンジもありました。

トヨタ・ヴェルファイアvsホンダ・オデッセイの燃費の比較

Skitterphoto / Pixabay

トヨタのヴェルファイアとホンダのオデッセイの燃費を比較してみましょう。原油価格がじりじりと高くなっている昨今、自動車を持つときはランニングコストも気になるポイントですよね。

【ハイブリッド】オデッセイの方が燃費は良い!

ハイブリッドタイプで比較してみると、オデッセイの方がヴェルファイアよりも燃費はよくなっています。ハイブリッドタイプはガソリン車よりも燃費が良いことが特徴ですが、それでも燃費は技術のホンダが一歩リードしているようですね。

しかし2020年にはPHV(外部電源供給システム)を搭載するといわれており、燃費が良くなるのではないかと考えられています。

【ガソリン車】オデッセイの方が若干良い!

ガソリン車も比べてみましょう。ガソリン車を比較してみると、オデッセイの方が若干燃費は良くなっています。ガソリン車はやはり燃料代がかかるため、燃費が大きく家計に反映されますよね。

燃費としてはハイブリッドカーの方がよいのですが、ハイブリッドカーは一般的にガソリン車よりも価格帯が高くなっています。さらに豪雪地帯など4WDをセレクトすると、どうしてもは胆振度エンジンが搭載できない、ということもあります。

そのため、やむを得ずガソリンカーを選ぶということもあります。現状では、オデッセイに燃費の良さでは軍配が上がります。しかし2020年のモデルチェンジでは、エンジンも性能が高いものが搭載される予定ということなので、こちらの燃費も今より良くなる可能性があります。

結果1年間の維持費もオデッセイに軍配が上がる

結果、1年間の維持費もオデッセイが勝利ということになります。ランニングコストはガソリン価格に大きく左右されるため、ガソリン価格が高くなればなるほど、オデッセイの方がコストパフォーマンスは良いということになります。

トヨタ・ヴェルファイアvsホンダ・オデッセイのまとめ

TeroVesalainen / Pixabay

トヨタのヴェルファイアとホンダのオデッセイを比較してみると、燃費の点や重量などではオデッセイに軍配が上がります。しかし大変な人気を博しているのは、高級感を全面に打ち出し、カスタムも楽しめるヴェルファイアのようです。今後のモデルチェンジも楽しみですね。